HOME » NEWS » NEWS

NEWS|Matilde

NEWS

ARTS&SCIENCE

EVENT * NEWS * 2022.04.15 Fri

IMG_9022.JPG 

ARTS&SCIENCEより今年も届きましたEasy Sandalとrib Socks。
サンダルも薄手なソックスと合わせて、お出かけできる暖かさになってきましたね。
モミ加工による細いシボも特徴的で、履くほどに日常に馴染んで育っていく上質な質感です。

 

IMG_9382.JPG

VINTAGE flower vase

EVENT * NEWS * 2022.04.15 Fri

 _MG_2569.JPG

気温もだんだんと暖かくなり、お部屋にも彩りをプラスしたい季節。
ミッドセンチュリーに西ドイツを中心として作られた、アートポタリーは芸術性の高いデザインでお花を飾っても、単体でも素敵なインテリアです。ハンドメイドだからこそ色にムラがあったり、少し模様が歪んでいたりと完璧でなく、手作りの温もりを感じられるのも魅力のひとつ。花瓶をイメージしてお花を選んでみるのもいいかもしれませんね。

オンラインストアにて掲載中です。

Buddy Optical

EVENT * NEWS * 2022.04.04 Mon

2204011.jpg

4/30(土)〜5/9(月)の土、日、月、曜日にマチルダにてBuddy Opticalの企画展を行います


4月30日と5月1日の二日間は、Buddy Opticalデザイナーの池原さんがいらっしゃいます
たくさんの種類が並ぶなかなか無い、珍しい機会です
ぜひ、この機会に手に取って合わせてみてくださいね

⚠︎ Buddy Opticalイベント中の営業日

30日(土)11:00〜17:30
1日(日) 11:00〜17:30
2日(月)13:00〜16:00
7日(土) 11:00〜17:30
8日(日) 11:00〜17:30
9日(月) 13:00〜16:00

ゴールデンウィークを挟む期間ですが、営業日は通常通りの土、日、月、曜日になります
お待ちがえのないよう、ご来店お待ちしております

_MG_3315.JPG

1970年代にHOWARD MILLER(ハワードミラー)社によって製造された名作の「Museum Clock」
ハワードミラー社はハーマン・ミラーの息子であるハワード・ミラーが設立したアメリカの時計メーカ。
1940年代からはアメリカのデザイン界において、最も重要な人物の1人とも言われるGeorge Nelson/ジョージ・ネルソンを起用していたことでも有名なメーカーです。

_MG_3027.JPG

 

1970年にはニューヨーク近代美術館MOMAのデザインコレクションに選定され名作として世界中で人気を博した「Museum Clock」です。それまでの時計の文字盤には当たり前だった「時」と「分」を現す、数字や記号、線をなくし12時の位置に施した日時計を想起させる唯一のマークは究極のシンプルともいえる、洗練されたデザイン。
その洗練されたデザインに加え、真鍮の美しいゴールドとブラックの文字盤が相まって特別な雰囲気と存在感を漂わせます。

この時計は人気が高かったゆえに、様々な年代で製造されてきましたが、西ドイツ製のムーブメントを使用し、
文字盤に「W.GERMANY」と示されているは1970年代製造の初期モデルに見られる特徴。
新しくなるにつれ「GERMANY」となり、最終的には「CHINA」へと変わっていきます。
けして、古いから良いとか西ドイツ製だから良い、中国製だから悪いというわけではありませんが、
やはり古いものは綺麗に残っているものが少なく希少価値があり、今は亡き西ドイツで製造されていたのもヴィンテージならではの魅力です。

ARTS&SCIENCE box bag

EVENT * NEWS * 2022.03.25 Fri

IMG_0103.JPG

 

ARTS&SCIENCEより届きましたSimple box bag。
シンプルな形で上品さの溢れるバッグ。
ボックスシルエットならではのマチがしっかりある為、物の出し入れもしやすい。
ベジタブルタンニン鞣しの深みのある色合いが目を惹くアイテムです。

VINTAGE WOOD VIKING

EVENT * NEWS * 2022.03.18 Fri

22030261.jpg

1960~70年代デンマークを中心に北欧ではバイキングをモチーフとした人形をハンドメイドで製造。
野蛮なイメージが強いバイキングですが商人や漁師、農民なども存在しており、北欧の国にとっては歴史を作り上げてきた重要な民族文化。日本でいえばサムライや武士のイメージに近いかもしれません。
そんな地域特有の民族を北欧ならではの上質な木材とラビットファーを使用し、民芸品として販売していたのがバイキング人形です。忠実に再現した大きな武器や兜、毛皮に対しキャッチーな見た目のフォルムや顔立ちのギャップに多くの人が魅了され、現在では北欧ミッドセンチュリーの代表的なアイテムとなっています。
とてもお土産として販売されていたとは思えないほどクオリティは高く、バイキング人形からは木材の温かみとハンドメイドならではの温もりを感じられます。

70's 80's vintage miniature car

EVENT * NEWS * 2022.03.11 Fri

_MG_0337.jpg


ヴィンテージのミニチュアカーは決して、現在製造されているものに比べて再現度が高いとは言えません。
ですが、今のミニチュアカーにはない魅力的な雰囲気と味わいが感じられます。

 ant1455_9.jpg


年代を感じさる角張った自動車のデザインや味のあるペイント、完璧ではないからこそ惹きつけられる魅力や旧車のデザインだからマッチする傷や錆、塗装の剥がれが特別な雰囲気を漂わせます。

どちらの会社も80's以降、製造を海外に変えてしまい西ドイツ製のSIKU、イギリス製のMATCHBOXともに希少なコレクターアイテム。

ARTS&SCIENCE Pouch

EVENT * NEWS * 2022.03.07 Mon

IMG_2640.jpg

 

ARTS&SCIENCEより肌触りの柔らかなレザーPouchが入荷致しました。

60s BMF STOFF Nagel

EVENT * NEWS * 2022.03.04 Fri

12.jpg

 

1960年代に建築家Werner Stoff(ヴェルナー・ストッフ)がデザインした西ドイツ製キャンドルホルダー。
当時、メタルカンパニーを営んでいたHans Nagel(ハンス・ナゲル)のためにデザイン設計を施しました。
3本脚のキャンドルホルダーはスタッキングを繰り返すことにより、変幻自在なアートピースとなる建築家ならではの構築的なデザインです。この独創的な設計と普遍的なデザインは世界中から高い人気を博し、復刻品がある中、ヴィンテージのナゲルは貴重なコレクターアイテムとなっております。

また、このナゲルが製造されていた60~70sは人類が宇宙開発を進めた年代でもあり、宇宙への憧れを現した近未来的なスペースエイジデザインも魅力の一つです。このナゲルはキャンドルホルダーとして製造されていましたが、キャンドルが無くても独特な存在感を感じられるオブジェともいえます。
半永久に組み上げが可能なうえ、どの角度から見ても美しくデザインされたナゲルは特別な雰囲気を漂わせています。

私と苺

EVENT * NEWS * 2022.02.18 Fri

ichigo8.jpg

富山だからできた美しくて強い苺

ichigo7.jpg

 

冬の日照時間が少ない富山
いちご本来の味を最大限にひきだすために
自然に歩調をあわせ、ゆっくりゆっくり時間をかけて
育てられたいちごは、適度な酸味と濃厚な味が特徴

大粒でしっかりした実は
濃厚な香りと食べた瞬間にコクのある甘さと酸味
ジューシーな果汁が口中に広がります


店頭にて2月19日(土)20日(日)の2日間
期間限定で販売を致します

※店頭販売のみとなります

NEWS一覧

© Matilde by CDC inc. All Rights Reserved.